INDEX    RSS    ADMIN

後で急に止めちゃったりしない!? スゴいぞ! Amazon Prime Photo

Amazonがまたやってくれました。

Amazon Prime Photoサービス。

なんとprime会員は、容量無制限で画像をクラウド上にアップロードして保管しておけるとの事。

しかも、RAW形式の画像もそのままupできるそうなので、写真を趣味にしているような方は、画像をほとんど劣化させずにクラウドに保管できるということになります。

これはスゴイ!

スゴいけど、どういう仕組みなんだろうね。

無制限って・・・大丈夫なのだろうか。

タイトルにも書いたけど、急に「やっぱ無理!や~めた」みたいな事にならない!?

と、疑ってしまうくらいの画期的なサービスです。

SnapCrab_NoName_2016-1-31_14-30-46_No-00.png

ここ最近、Amazonはたて続けにプライム会員向けのサービスを拡充してきました。

僕はプライムビデオ開始の時点で入会したのですが、その後もプライムmusic、プライムnowと拡充しています。

僕は地方住まいなので、プライムnowは全く恩恵を受けていないのですが、それでもビデオとmusicだけで十分にプライム会員の年会費3,900円の元は取ったと感じています。

そこにきて、このAmazon Prime Photoサービスですから、急に止めちゃうんじゃないかと疑われても仕方がないですよねw

元からあった、Amazonで買い物をした時の配送料無料のサービスやお急ぎ便、時間指定配送などのサービスも変わらずに使えていますし、タイムセールに30分早く参加できる権利も変わらずに続いています。

正直なところ、今まではAmazonで頻繁に買い物をする方以外にはプライム会員になるメリットは薄かったのですが、これだけサービスが充実してくると、買い物頻度は少なくても元はとれるでしょうね。

ただし、万人が元をとれる訳じゃないと思います。

Amazonプライム会員向けサービス別にどんな方が使うと元が取れそうかレビューしてみました。

配送料無料、時間指定、お急ぎ便の利用
・これはもう簡単です。Amazonで買い物をする人、それも頻繁に。数か月に1回くらいの買い物頻度であれば3,900円の会費は高すぎてもったいないのでやめたほうが良いでしょうね。

Prime Music
・これは、まず他の音楽ストリーミングサービスに入っていない方。例えばappleなんかの曲揃えには全く及びませんし、そうした別のストリーミングサービスを利用している方には不要のサービスでしょう。それから、普段J-Popメインで聞かれる方にもちょっと辛いサービスかもしれません。J-Popも扱ってはいますが、どちらかというと洋楽の方が充実していますので、もしかするとJ-Popメインで普段聞かれる方は「聞きたい曲が無いよ~」と言う事になるかも。

Amazon Prime Now
・これは僕も使った事ありません。今のところ首都圏をはじめとした大都市周辺のサービスのようなので、僕のような地方住まいにはあまり関係のない話でしょう。ただ、今後はエリアの拡充もあると思いますので、将来的には、1時間やそこらで荷物が届くというのは魅力的かもしれません。

kindleオーナー ライブラリ
・kindleかFireタブレットを使っている方限定になってしまうのですが、毎月1冊、無料で書籍を読むことができます。ただし、どれでも無料という訳ではなく、決められた中から選択するので、売れ筋の本や新刊はほとんど選択できません。僕の場合は、意外と本が好きなので「あぁ、これ読みたいと思ってて忘れてた~」と言うような本が無料で読めるので重宝しています。例えば、好きな作家さんがいて、その方の新刊を毎月読みたい・・・みたいな使い方はできませんのでご注意を。

会員限定先行タイムセール
・Amazonのタイムセールで「欲しいものに限って、気が付いた時には完売しているよ~」と言う経験はありませんか?そういう場合、おそらくプライム会員にやられていますw
僕も先日、ずっと欲しかったアクションカムがタイムセールになっていたので購入しました。販売台数は数台限定でしたがセール開始の30分前に無事購入できました。さっき確認したら、タイムセール時との価格差が5,000円ほどありましたので、今年のプライム会員費3,900円の元はとったなぁと思っています。
狙っている人気商品をAmazonで購入しようと思うような方は元をとれると思いますが、ネットで検索して実際の商品は店舗で購入するという方には全く不要なサービスですね。

Amazonパントリー
・これも僕は使ったことがないのですが、決まったサイズの箱の中に決まった重さまでの日用品を満載して配達してくれるサービスです。カップ麺やシャンプー、スナック類までコンビニレベルの商品が玄関先まで届きます。近くにスーパーがない環境にお住まいの方や、あっても忙しくて買い物に行く暇がない・・・そんな方は重宝するのかもしれません。逆に言うと、そういう環境にない方にとっては全く必要ないサービスと言うことになりますね。

⑦そして今回開始されたAmazon Prime Photo
・android、ios、Mac、Windowsに対応していて、僕はiPhoneとWindows搭載機にアプリを落としました。スマホで撮影した写真をその場で勝手にクラウドに保存してくれたり、設定次第でWifiに接続された時に同期されるようにしたりする事が出来ます。僕は通信料をケチって、自宅のWi-Fiに接続された時に勝手にクラウド上に保存されるように設定していますw
趣味で時々写真を撮りますが、結構バシャバシャと撮影するので、データの保管は大変でした。しかし、これもパソコンに保存した画像が勝手にクラウドと同期されるので、いつの間にかbackupがとれているという状態。しかもコレが無制限だって言うんだからスゴいですよ。Amazonさん、どうかいつまでも無制限で提供してね。某クラウドが先日いきなり無料で使用できる容量を引き下げてきたので、どうしようかなと途方にくれてたんですよ~w
今時、スマホとかで写真を撮らない人って少ないかもしれませんが、「私、写真は嫌いなんで」と言う方がいたら、全く無意味なサービスなので、必要ありませんねw

さて、長文になってしまいました。おそらく、この中のサービスすべてが必要!と言う方は多くないでしょうね。かくいう僕も、重宝しているのは、この中の①②④を頻繁に使い、⑤を年に1~2回使う程度です。このようにすべてのサービスに該当しなくても、複数のサービスでメリットを得られるのであれば入会を検討したほうが得だと思います。
一つも当てはまらない方はもちろん、この中の一つだけ、もしかしたら使うかもなぁ・・・程度の方はやめましょう。3,900円がもったいないw

ではでは、長文失礼いたしました!

Amazonプライム
Amazonプライム
にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト

ゴミ箱だって オシャレに! Like-it ゴミ箱 カフェスタイル フロントオープン 25L CFS-14 レビュー

100均が割りと好きです。

売っているものが、ほとんど100円だから

「ここに売っているものはどれでも買えるんだぁ」

って言う変な優越感?に浸る事が出来ます。

今の100均は色々なものが売っていて重宝しますね。

僕の部屋のゴミ箱も、もう長いこと100均で購入したものでした。

100円で何年も使えるなんて、すごいコスパですよね。

でも「いかにも100均で購入しました」みたいな見た目に、いつかどうにかしたいと思いながら生活していたのも事実。

今回、ようやく100均のゴミ箱とお別れできましたw

Like-it ゴミ箱 カフェスタイル フロントオープン 25L ブラウン CFS-14


で、代わりに僕の部屋にやってきたのがコレ。

なかなかオシャレでしょ?

カラバリはブラウン、ベージュ、ホワイトとサイズによってはカーキもあるみたい。

今回僕は25Lサイズを購入したのですが、正直、8畳しかない僕の部屋に25Lはちょっと大きかったかなぁと思っています。

見た目重視で購入したのですが、他にも良かったなぁと思う点があります。

それは、ゴミ箱の口がクローズすること。
コンビニなんかにあるゴミ箱と一緒ですね。

僕はタバコを吸うし、お香も焚くので、それらの灰を捨てます。

お香の灰はいい匂いなんだけど、タバコの灰の混ざると何とも・・・きちんとビニール袋にでも入れて口を縛れば良いんでしょうが、ほら、面倒じゃないですかw

そんな時にこのゴミ箱だと、口がクローズするので、部屋の中に灰の匂いが充満するような事がありません。

不満な点は、これも僕が不器用だから悪いんでしょうが、下の画像のようにセットしたゴミ袋がはみ出てしまう点。

ゴミ箱

袋が黄色いもんだから、目立つw
器用な方が丁寧にセットすれば、こうはならないんでしょうけどね。

あとは、これといった不満はありませんが、サイズが色々とあるようなので、自分の部屋に合わせた大きさを選択しないとかえってジャマになっちゃうかも・・・というくらいでしょうかね。

お値段は購入時で2,000円弱と100均のゴミ箱が20個も買えてしまうんですが、そうそう壊れたりしないし、長く使えるものだと思うので、このくらいは払っても良いかなぁと思いました。

新生活に向けて、ゴミ箱の新調などをお考えの方は是非検討してみてくださいね。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ティッシュボックスを隠そう!-MERCURY ブリキティッシュボックス レビュー-

ティッシュって部屋に必要じゃないですか。

でも、ティッシュの箱のデザインって、カッコ悪いのが多くないですか!?

どうしても、箱のまま部屋に置きたくないんですよね~。

MERCURY ブリキティッシュボックス ホワイト MEBUTBWH


そこでティッシュボックスを購入。

Amazonには色々な種類がありましたが、コレのブルーが一番気に入ったので、それを購入。
ついでに車の中で使うために、カーキ色も追加で購入。

薄いタイプのティッシュ箱なら、箱のままでこのボックスに入れられますが、少し大き目の箱のティッシュだと、中身だけを取り出してこのボックスに移すことになります。

まぁ、中身をゴソッと出して、こっちに移し替えるだけの作業なのでさほど面倒ではありません。

購入時には、コレ一つに2,000円もしたので、正直「高いなぁ」とも思ったのですが、実際のところ、ティッシュボックス一つで部屋の印象がガラリと変わるので、そうした視点からだとコスパは高いかもしれませんね。

ブリキ製なんで、誤ってティッシュを落とした時などは、盛大な落下音がしてビビりますが、それ以外は満足していますw

カラバリはホワイトの他にブルーとカーキ、イエロー、レッドの計5色。
どの色もカッコいいので、お部屋に合わせてチョイスするなどしてみてはどうでしょうか?


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ミラーレス一眼が欲しい! オススメ記事を見ても決められないので自分で比較しよう!

以前、気軽に持ち歩けるカメラとしてNikon COOLPIX P7800を購入しました。

これはコレで、お手軽な本体からは想像できないような機能を搭載していて十分満足しているのは、本ブログでも以前記事にした通りなのですが、ここ何カ月かミラーレス一眼が欲しくて彷徨っていましたw

今現在持っているカメラに不満がある訳ではないのですが、何と言うか・・・こう、一眼レフ→面倒くさい、Nikon COOLPIX P7800→もう少し、色々工夫して撮影したい・・・みたいな、ちょうど一眼レフとコンデジの中間みたいな気持ちになる事が意外とあったんですよねw

お金もないくせに贅沢な悩みだと自分でも思うのですが、普段、あんまりお金も使わない生活してるし、趣味にお金を使うくらいは許してもらおう。

んで、ちょうど今時期が各社からの新型が出揃う時期かなぁと思ったので、そろそろ具体的に比較、検討を・・・と思い立った次第です。

候補は3機種+1機種

SONY α6000、Olympus OM-D E-M5 Mark II、同じくOlympus OM-D E-M10 Mark Ⅱつい昨日まではこの3機種だったのですが、ここにきてOlympusがPEN-F と言う非常に魅力的な新機種を発表してくれたおかげで、再び混乱。このブログで整理し直すハメになりましたw

【SONY α6000】


これはもう、昨年からずっと欲しいなぁと思っていたのですが我慢していました。
欲しいと思った理由は
①AFの優秀さ~なんと179点もの測距点がある上にAFも爆速。走り回る子供の写真もピントを外さずに撮影できそう。
②11コマ/秒の高速連写~ものスゴイ速さですw、数撃ちゃ当たるじゃないですけど、こんだけ連射できれば一枚くらい良い写真が取れそう。
③USB給電~一般的なmicro-USBケーブルを使ってモバイルバッテリーから給電が出来るそうで、いつもケーブルとモバイルバッテリーを持ち歩く身としてはありがたい。
④コスパ~他の機種よりも先に発売しているため、現在のお値段がかなりこなれているのは魅力♪

逆に購入に踏み切れなかった理由は
①熱暴走~動画撮影時に熱暴走の報告が多数。頻度は多くなくても、子供もいるし、動画の撮影もしそうだから、ちょっとなぁ。
②レンズの少なさ~レンズの選択肢が他社さんと比較して少ない上に、レンズそのものが高価。本体のコスパは良くても、後々のコストがかかりそう。
③見た目~これは実機も見てきましたが、かなりチープな印象。性能には直接関係なくても、見た目から入る自分としては大事w

【OM-D E-M5 Mark II】


欲しいと思った理由
①防塵、防滴性能~「雨中での撮影も可能にする防塵・防滴・耐低温性能、豊富なラインアップを誇る防塵・防滴の小型レンズシステムがあらゆる環境での撮影を可能にします」と公式HPに記載があります。心配性の僕としては、公式にこうアナウンスされると超安心して持ち出せますw
②ボディー内5軸手ぶれ補正~SONYの手振れ補正もスゴイのですが、ボディー内と言うところが魅力。
③バリアングル液晶~他の製品は上下チルト式の液晶なので、縦にカメラを構えた時に使えない他、自分撮りも難しい形状でした。コレは自分撮りも可能だし、使わない時には液晶を裏返しておくことで、見た目も良いのが魅力。
④見た目~カッコいいwチタニウムカラーモデルと言うのも販売していて、これがまた更にかっこいい!

購入に踏み切れなかった理由
①お値段~ミラーレス一眼としては特別お高い訳ではないのですが、それでも現在のα6000価格と比較するとお高め。
②ハイレゾショット~売りの一つであるハイレゾショットをきっと使わない。使わないのであれば一つ下位の機種であるM10で良いのではないかなぁ。
③バッテリーの持ち~皆様、口をそろえて悪いとおっしゃいます。おまけにUSB充電に未対応との事なので、ちょっと悩みます。
④Olympus未経験~個人的なことなのですが、Olympus製品を使った事がないという漠然とした不安w

【OM-D E-M10 Mark Ⅱ】


欲しいと思った理由
①見た目~これもM5と同じく、見た感じがカッコいいw
②5軸手ぶれ補正搭載~上位機種のM5と同じく、手振れ補正機能が魅力~。
③小型で軽量~他のカメラも小型で軽量なのですが、コレは小型軽量にも関わらずカッコ良さを犠牲にしていないというのが嬉しい。α6000は素人目には、この辺がマイナス。

購入に踏み切れなかった理由
①チルト液晶~自分撮りをしたりする機会は少ないのですが、バリアングル液晶だと、モニターを裏返してしまえるのが魅力。M5はそれが可能だけど、M10は出来ないのがちょっと。
②価格差~EM-5とEM-10の今日現在の価格差が2万円弱(本体)。う~ん、もっと大きな価格差があれば諦めもつくんだけど、このくらいの差だとかえって迷うw
③M5と同じく、Olympus未経験であること。

【PEN-F】
PEN-F.jpg

いきなり欲しくなった理由
①何といっても見た目~古き良き時代のフィルムカメラをほうふつとさせるカッコいい見た目!
②バリアングルモニター~M5と同じく液晶がバリアングルで自由度が高いのも魅力。
③M5の良いなぁと思っていた機能全部入り~E-M5で僕が個人的に良いなぁと思っていた機能は殆ど入ってる。でも使わないであろうハイレゾショットも入ってるw

いきなり欲しくなったのに予約できない理由
①さすがに発表直後だし値引きはない~今日現在で本体価格が159,840円。これにレンズの費用がかかる。とんでもない出費。
②ド新型のためレビューが少ない~一部では実機レビューも目にするけど、今日現在、普通の一般の方がレビューしたと思われる記事がない。専門的な観点からの使用感などはネットで見られるけれども、僕のような素人のレビューも見てみないと不安。
③辛抱たまらん~発売まで一か月ほどある。昨年からずっと我慢してきたから辛抱たまらず他を買っちゃいそうw

以上、素人丸出しで申し訳ありませんが、自分なりに整理してみました。
もっとマニアックな仕様やスペックを知りたい方は、そうしたレビューサイトかメーカーのHPをご覧になるとよろしいかと思いますが、はっきり言って、僕レベルの素人では、ここにあげたカメラの画質の違いなんてわかりませんよ?だから、初心者なら値段や見た目、使いやすそうな機能・・・とか、そういう目につきやすいところで選択して良いんじゃないでしょうかね。



にほんブログ村 PC家電ブログへ

ガジェヲタ必須!雷に強い プラグ収納式 マイクロタップ 4個口 レビュー

自宅では、1~2メートル程度の電源タップを利用しています。
自室には電気を使う機器が以外と多く、タップは必須です。

外出先では、自宅ほどコンセントを必要としませんが、それでもガジェットやchromebookなど、コンセントがあると助かるなと言う場面は以外とあります。

でも、外出先だと、なかなか十分な個数のコンセントがないですし、あったところで自分ひとりで占領できない場面も多い。

雷に強い プラグ収納式 マイクロタップ 4個口 [HS-A1969W]


コレは、そんな場面で威力を発揮してくれます。

コンセント口が1個しかなくても、コレ一つで4口まで増やせるという代物です。
そんな品はそのへんにごろごろあると思うのですが、コレはコンセント部分が回転して本体部分に折りたためるようになっています。つまり畳んでしまえば。、ただの箱と言う事なので、持ち歩きには非常に便利です。

雷サージとかトラッキング防止などの、最近のタップについている機能も、この小ささでカバーしているのもありがたいですね。

Amazon内には、もっと安い商品もたくさんあるのですが、それらはコンセント部分が折りたためなかったり、折りたためても本体内部に入らないため、持ち運びの時に嵩張ったりする印象でした。

自宅で使うなら、そちらのお安い方で全然かまわないと思うのですが、持ち運びを前提に購入するのであれば、数百円の差ですから、本体内にコンセントが折りたためるこちらをお勧めします。



にほんブログ村 PC家電ブログへ