INDEX    RSS    ADMIN

安くたって4K撮れます!MUSON アクションカメラ MC1A レビュー



【画質】
4K画質での動画撮影が可能です。ただ、4K画質の場合は25FPSのようなので、動きの早い映像は苦手かもしれません。個人的には1080P/60FPS画質での撮影機会の方が多いような気がしています。4K画質はもちろん、1080P/60FPS画質だって、十分にキレイに撮影する事が出来ましたよ。

【防水】
本製品には最初から防水ケースが付属しており、このケースを使用する事で30m防水対応だそうです。僕は泳げないので30mの深さだなんて絶対に行けっこないのですが、サマースポーツがお好きな方には重要な機能でしょうね。

【撮影モード】
本器には多彩な撮影モードが搭載されています。動画、静止画撮影は当然として、最近良く見聞きするタイムラプス撮影や静止画の場合は連写まで出来ます。さらにドライブレコーダとして使用する場合には大切なループ撮影も可能でエンジンの始動、停止にも連動します。専用アプリを使用すればWi-Fi経由でスマホとの連携も可能となっているのも良いですね。

【アクセサリーも充実】
アクションカムのアクセサリーは後から追加で購入する事も可能ですが、最初から付属しているのなら、その方が良いですよね。本製品には最初から大量のアクセサリーがセットになっています。僕のようなアクションカム初心者のためにアクセサリーの使用方法も親切に記載された取説付なのも嬉しいですね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【バッテリーライフ】
本製品のバッテリー容量は900mAhで、使い方にもよりますがコレだと概ね60~90分程度しか電池が持ちません。ちょっと心許ないですよね。
本製品には同じバッテリーが最初からもう一つ同梱されていますので、この辺にも気配りが出来ているなと思います。ちなみに専用の充電器も同梱しているのはこの種の製品だと珍しいんじゃないでしょうか。

【液晶サイズ】
裏面の液晶サイズは2インチです。同種の製品には1.5インチの製品もありますね。たった0.5インチの差なんですが、これが意外と使ってみると違いを感じます。1.5インチでも実用上、困ると言うことはなかったのですが、今回2インチの製品を使用してみて、圧倒的にこちらの方が見やすいなぁと思いました。

【まとめ】
僕は基本的にインドア派なので、アクションカムなんて必要か!?と思わないでもないのですが、子供を連れて、どうしても遊びにいかなきゃならない時があるんですよね。プールだの海だのスキーだのと言った場面では大活躍してくれそうですw

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト

画質良好!TaoTronics アクションカム TT-VD001 レビュー



【アクセサリー】
僕はそんなに使用しないのですが、防水ケースを初めとしたアクセサリー類が非常にたくさん同梱されています。自転車に固定したり、ヘルメットに固定したり、リストバンドのように固定したりとアクティブな使い方をされる方にはお得感が大きいんじゃないでしょうか。

【画質】
僕は何万円もするような高価なアクションカムを使った事がないので比較は出来ないのですが、本製品単体で見る限り、画質は非常にキレイだと思いました。60fpsで撮影できる製品と比較すれば動きのある映像に弱いのかもしれませんが、僕程度の目では30fpsでも十分満足でした。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【バッテリーライフ】
付属しているバッテリーは満充電の状態から、およそ90分間の連続撮影が可能となっています。プールや海なんかでガンガン撮影するには、少し心もとない容量かもしれませんので、そうした使用を考えている方はバッテリーを追加で購入する必要がありそうです。

【ここがイマイチ】
カードスロットの精度がイマイチです。micro-SDカードを入れて、映像はそこに記録するのですが「カチっ」と音がするまでスロットに差し込むには、かなり置くまで押し込む必要がありました。また、取り出す際にも置くまで一度押し込んでから取り出す必要があるので、先端の細い棒状のものを使用する必要がありましたね。

【まとめ】
個体差なんだと思うのですが、アクションカムとしてはコスパが非常に良い製品だと感じましたので、それだけにカードスロットの精度が甘いのは残念でした。まぁ、先端の細いもので押して使えば良いだけなんですけど、何だか・・・ね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

一眼レフでもスムーズなズーム!Canon パワーズームアダプター PZ-E1 レビュー

 もともとカメラが好きで、時々出かけては写真を撮って一人で地味に楽しんでいたのですが、最近は手持ちの一眼レフで動画撮影もするようになりました。

素人が素人なりに楽しんでいるだけですが、それでも友人から結婚式の撮影を頼まれたりすると気合が入ります。

最近の一眼レフカメラは専用のビデオカメラに負けない・・・もしかするとそれ以上の画質で動画を撮影できますし、結婚式等の場合には背景のボケた印象的な映像を残す事が出来る点がビデオカメラよりも気に入っています。

ただ、一つだけビデオカメラにどうしても敵わない部分がありました。

今日はそれを見事に解消してくれた目から鱗の製品です!



【スムーズな動き】
僕が一眼レフで動画を撮影している時に一番困っていたのはズームの操作です。ビデオカメラならスイッチ一つでスムーズに寄りの映像を撮影できると思うのですが、一眼レフだとデジタルズームかレンズを手で操作して寄るしかありません。

デジタルズームは映像が荒くなってしまいますし、手動だとどうしてもカクカクとした動きになってしまって不自然なズームになるんですよね・・・。

本製品は一眼レフのレンズを一定のスピードでスムーズに廻してくれる装置です。

【電池駆動】
本製品の動力源は普通に手に入る単四電池が4本です。特別なボタン電池等ではないので外出先で切れても比較的簡単に購入できると思うのですが、個人的にはカメラのバッテリーから電源を供給できるプラグインパワー方式の方が安心だったかなとも思います。

【ズームスピード】
ズームのスピードは2段階に切り替えが可能です。「Fast」を選択するとスッと勢いよく狙ったところまでズームする事が出来ますが「Slow」を選択すると、ゆっくりと撮影対象へ寄っていく印象深いズームが可能です。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【専用アプリ】
iOS、androidともに専用のアプリが用意されていて、スマホ越しに本製品を操作する事が可能です。スマホを見ながら対象物に寄せたり離したりする事が出来ますので自分録りに使用する事も出来ますね。

【レンズに注意】
本製品はどんな一眼レフのどんなレンズにも使用できる訳ではありません。僕はCanon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM と言うレンズを装着したEOS 70Dで使用しています。カメラの範囲は広いと思いますが対応レンズはまだ数が少ないようなので、購入前にメーカーのホームページ等で確認した方が良いですね。

【まとめ】
いらない人には本当に全くいらない製品でしょうし、そもそも一眼レフで動画を撮影する人もそんなに多くないような気もしますので、かなり一部のコアな人間を対象にした製品かもしれませんが、僕のように一眼レフで動画撮影をする方には絶対にあった方が便利な製品だと自信を持っておススメできます!