INDEX    RSS    ADMIN

付属品いっぱい!専用ケースと予備バッテリーまでついてくるお得なアクションカム MUSON MC2 レビュー




【画質】
流行りの4K画質での撮影が可能なようです。僕は編集時の動作を考えて4K画質では撮影していないのですが、フルHDでも十分すぎるほどにキレイな映像で撮影できるので満足しています。静止画も撮影は可能でこちらもキレイですが、相互的に静止画の撮影だけならスマホの方が上かなと思いました。

【防水ケース】
カメラそのものに防水性はないので、専用の防水ケースに入れて使用する事になります。同梱されてくる防水ケースに入れる事で水深30mまでの撮影に使用可と言うのがメーカー公称値です。30mと言えば相当な深さなので、普通に海水浴に行かれる方や趣味程度にマリンスポーツを楽しまれる方であれば十分ではないでしょうか。

【豊富な付属パーツ】
僕は防水ケースとバイクへ取り付ける為のパーツくらいしか使用しないのですが、他にもヘルメットや腕に固定するためのパーツ等、多数のパーツが同梱されています。形状からはイマイチ使い方の分からないものもあったのですが、説明書に画像付で親切に説明が記載されていたのは好印象でした。

【専用ケース】
他にもアクションカムはたくさん販売していますが、専用ケース付で販売しているものはそう多くないので嬉しいですね。小型とは言え精密機器ですし、変な衝撃を与えて壊してしまわないためにも普段は大切にケースに入れておく事にしています。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【予備バッテリー】
本製品のバッテリーライフは使い方次第かと思いますが1時間~1時間半程度でした。これだと不足する場面もあるかと思いますが、本製品には最初から予備バッテリーが同梱されていますので安心して撮影する事が出来ましたよ。

【専用リモコン】
最初から付属しているリモコンは複雑な操作は出来ませんが、動画、静止画ともに撮影開始、停止程度の簡単な操作が可能です。最大で15m離れた所から操作が可能と言うのがメーカー公称値で、実際に試した時にもそのくらいまでは作動しました。カメラをミニ三脚等で固定して、離れた場所から撮影すると、電池を無駄にする事なく自分もフレームインできますねw

【Wi-Fi接続】
僕はまだ試していませんが、スマホとWi-Fi接続する事でスマホをリモコン代わりにしたり、離れた場所から現在どのように撮影されているか確認したりする事が可能なようです。SNS等へ撮影した画像をUpするのも簡単なようですね。

ただ、スマホと接続するにはiphone、android機ともに専用のアプリをインストールする必要がありますので、それに抵抗がある方はこの機能が使えないと言う事になりますね。

【ここがイマイチ】
イマイチとまで言うほどの事じゃないのですが、バッテリーボックスのフタが非常に開けにくいです。爪が変形しちゃうので、先が細いペンのようなものを使用した方が良いくらいに硬い。開けられない訳じゃないですし、むしろこのくらいの方が安心なのかもしれませんけどね。

【まとめ】
アクションカムは流行っているようで、これまでにも何台もレビューの依頼を受けてきましたが、その中でも1.2を争うコスパの高さだと感じました。おおよそ必要だと思われるものは最初から付属していて、あとは記録するためのmicro-SDカードだけ準備すればOKと言う感じにも関わらず、価格も1万円を切っているのはスゴいんじゃないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト

予備バッテリー付きでも安価!Funshare アクションカム レビュー



【画質】
流行りの4K映像は撮影できませんが、1080PフルHD/30FPS の映像は十分にキレイです。4Kに拘るのであれば他を選択するしかありませんが、そうでないのなら想い出を残すのに十分な画質だと思ってよいと思います。

【防水機能】
本カメラ単体で防水機能はないのですが、専用の防水ケースを同梱しています。この防水ケースに入れた状態で水深30mまで沈める事が可能だと言うのがメーカー公称値です。僕は泳げないので使った事はありませんが、スキューバ等を趣味とされている方や釣りを趣味にしている方なんかだと使いようがありそうです。

また、そうしたスポーツに限らず、キャンプ等に使用したり、自転車やバイクに取り付けて撮影したいと言う方にとっても防水ケースは予防的に活躍してくれると思います。

【Wi-Fi接続】
本製品は専用アプリを利用する事で、スマホの画面等にワイヤレスでカメラが撮影している映像を表示する事ができます。この機能を使えば、カメラを水中に沈めて置いて、水中の様子をスマホで眺めて確認する・・・と言うような使い方が出来ますね。

また、僕は使った事がないのですが、Twitter、Facebook、Youtube等のSNSに直接、画像をUpする事も出来るようです。

自分のための商品レビュー


【予備バッテリー】
この種のカメラの場合、バッテリーライフにはあまり期待できなくて、使い方にもよると思いますが、だいたい60分~90分程度でバッテリー切れになる事が多いです。ただ、本製品の場合は予備バッテリーが最初から同梱していますので、電池切れの不安を解消してくれます。他にも色々なパーツが同梱されていましたが、個人的にはこの予備バッテリーが一番助かります。

【日本語対応】
こうした製品の中には外国語の説明書で、本体のメニュー画面も外国語しかないような製品もある中で、本製品は取扱い説明書も本体の操作メニューも日本語に対応しています。アクションカムが初めてだと言う方でも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

【まとめ】
Goproが先駆者となったアクションカムはここ最近、流行っている事もあって、たくさんのメーカーさんから似たような製品が販売されているようです。使用頻度が高い方やアクションカムの操作に慣れているような方は、高価なGoproの購入を検討しても良いのかもしれませんが、僕のような初心者の場合には、説明書がきちんと日本語である点や価格的にもGoproよりはずっと手を出しやすい点も考えると、こちらの製品の方がおすすめできますね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

悪用厳禁!!MYZEAL ボールペン型 カメラ レビュー



【ただのボールペン】
手に取ってみればわかるのですが、パッと見た感じは本当にただのボールペンです。実際にペン先もついていて、ボールペンとしても使用可能なので当たり前と言えば当たり前ですね。ボールペンとしてみた時には、なかなか高級感のあるペンに見えると思いますよ。

【micro-SDカード】
本製品はmicro-SDカードに映像を記録します。ペン先を廻して外す事で内部にカードスロットが出現するので、そこに挿すだけです。本製品は最初から16GBのカードが同梱していますので、届いてすぐに使用できるのが嬉しいですね。

【操作方法】
日本語の説明書もついていて、操作そのものは煩雑ではないのですが、一つのボタンを何回連続押しするかによって動きが変わったりしますので覚えるまでは少し面倒かもしれません。静止画と動画の切り替えは、いちいち、ペン先を外して、内部にあるスイッチで切り替える必要があるので、その点だけが残念です。

自分のための商品レビュー


【画質】
良く見ないと解らないような小さなレンズがついているだけですし、僕のような素人だと「質の悪い映像しか録れないんじゃないの」って思っていましたが、実際に撮影してみると、なかなかキレイな映像でした。解像度は1280×720pix 30fpsとの事なので、ちょっとしたアクションカムと変わらないですね。

【ここがイマイチ】
既述のとおり、内部にmicro-SDカードのスロットがあり、ここにカードを挿すだけなのですが、このカードを取り出す時に非常に苦労しました。細いもので引っ掻き出さないといけないくらい出し難いです。頻繁に出し入れするものじゃないかもしれませんが、この点を改善して欲しいなと思いました。

【まとめ】
かなり精巧に出来ていて、その辺に置いてあっても、ちょっとお高そうなボールペンが置いてあるな~と言う程度です。それだけに、モラルを持って使わないと悪用出来てしまう製品だと思うので、その点には注意が必要かなと思いました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。