~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  家電
Since October 2015

Amazon Echoのある暮らし


我が家にAmazon Echo plusが届いて1ヶ月と少しが経ちました。

購入前はイマイチ便利さが理解できずにいたのですが、実際に使い始めるとよくわかります。

今となってはAmazon Echoの無い暮らしには戻りたくないですもんね。

今日は、実際に使ってみて僕の生活がどう変わったのかを報告したいと思います!



【スピーカーとしてのAmazon Echo plus】
Amazon Echoは、最近発表されたEcho Spotを除くと、Echo Dot、Echo、Echo Plusの3種類がラインナップされています。このうち、一番パワーのある音を鳴らす事が出来るのはEcho Plusです。

どの製品も、手持ちの他のスピーカーと接続して使用する事が出来ますので、最初から他のスピーカーに接続して使用するつもりなら、一番価格の安いEcho Dotで十分です。

正直なところ、購入前はEcho Plusの音質にあまり期待していなかったのですが、実際に手元に届いて音楽鑑賞に使用してみると、360°にクリアな音が響きますし、低音の強さも十分音楽鑑賞に使えるレベル。手持ちのスピーカーに接続して使用する予定でしたが、今はそのまま本体から音楽を流して使用しています。

【スマートホームハブの内蔵】
音声で照明を点灯したり、鍵を締めたりといったスマートホーム機能を使用するためには、Echoだけ購入してもダメで「ハブ」と言うのを一緒に購入しなければならないようです。

この「ハブ」が結構いい値段するのですが、Echo Plusには最初からハブを内蔵していますので別に購入する必要がないのも嬉しいところ。

内蔵ハブには出来なくて、別売りのハブには出来る事もあるようですが、僕は照明のON、OFFや明るさの強弱、照明の色変更(暖色と白色)くらいしか使用しませんし、定型アクション機能を使用すれば、これらはEcho Plusの内蔵ハブでもきちんと機能しているので、特に別売りのハブにすれば良かった~と思う場面はありませんね。

【アラーム機能】
照明のON、OFFや強弱を声だけで操作できるのは便利ですが、それ以外で案外便利なのがアラーム機能。「アレクサ、朝7時に起こして」の一言でアラームがセットされる他、僕は寝起きが悪いので、アラームが鳴った時に「アレクサ、あと5分後に起こして・・・」と言うダラダラにもきちんと付き合って、5分後にきちんと再度アラームで起こしてくれますw



【好きに使える定型機能】
Echoには、自分で設定できる定型機能が搭載されています。この機能は「アレクサ、〇〇」と言う任意の言葉に対して、Echoがどんな反応をするか予め自分で決めておけると言うものです。

例えば、僕の場合は眠る前に「アレクサ、おやすみ」と一言言うと、勝手に就寝に適した照明に変更してくれるように設定していますし、朝は寝ぼけながら「アレクサ、おはよう」と一言言うと、部屋の照明をすべて消して、本日の天気予報を教えてくれたりするようにセットしています。

【カレンダー連携】
僕は以前からGoogleカレンダーを使っていたのですが、Amazon EchoはGoogleカレンダーにも対応していますので、パソコンやスマホで入力した予定を読み上げて教えてくれます。また、逆にEcho側から予定を追加して、パソコンやスマホで入力した内容を確認する事も可能です。

これも、朝、寝ぼけながら「アレクサ、今日の予定は?」と呟けば「今日は9:00から会議の予定です」みたいに教えてくれますので便利です。言われて思い出す事も度々ありますよw

【スマートコンセントでお好きな機器を】
現段階で、Amazon Echoに対応している家電は多くはないのですが、スマートコンセントと言うコンセントそのものがEchoに対応している商品がありますので、コレを使えば単純なON、OFFくらいなら対応していない機器を声で操作する事ができます。

ただし、電源ONで問題なく起動し、いきなり電源をOFFしても故障の原因にならない機器でないと使うことは出来ませんので、デスクトップパソコンなんかに接続するのは危険です。



【まとめ】
スキルと呼ばれる、Echo専用のアプリも徐々に増えて来ていて、それに伴って出来る事も増えてきています。今は正直なところ、生活の中で現実的に「コレは使える!」と思う機能はそう多くなく、僕の場合はここに記載したことくらいです。

ですが、これだけでも僕は十分生活が便利になったと感じていますし、今後さらにアプリが増えて行って使える機能が増えていくのなら、今購入して良かったなと感じています。

話題先行で実用性なんて無いんじゃないの!?と思っていたのですが、それは僕の思い違いだったと言えそうです。
スポンサーサイト
[ 2018年06月27日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

車中泊やキャンプで活躍!Rockpals 大容量ポータブル電源


僕は比較的インドア派なのですが、キャンプやBBQがお好きな方には良い季節になってきましたね。

とは言え、そうしたアウトドアを楽しむ場面でも、電化製品が使いたいと思う場面は時々あります。

今日ご紹介するのは、そんな場面で大活躍してくれそうな大容量蓄電池です。

ちなみに友人には「アウトドアで電化製品を使うなんて邪道だ」って言われましたけど、僕のように軽くアウトドアを楽しみたい人だっていますよね~w



【大容量】
本製品は満充電で60000mAhの電力を溜めることが出来ます。iphoneなんかの蓄電量が3000mAh程度ですから、相当大容量ですよね。また、家庭用のACコンセントも装備していますので、自宅でお使いの機器も250W規格までならそのまま使用が可能です。

250Wだと、大抵のノートパソコンの充電も可能なので、アウトドアユースだけでなく出先でノートパソコンを頻繁に使うような場合にも重宝しそうです。

【選べる充電方法】
充電には自宅のコンセントに繋ぐ普通の充電方法だけでなく、付属のシガーソケット用ケーブルを使用して自動車で充電する方法もあります。また、別売りにはなりますがソーラーパネルと組み合わせて使用する事でソーラー充電にも対応していますので環境に優しいですね。

ただし、ソーラー充電はかなり時間がかかりますので、急いでいる時には使い物にならないですね。

【充電しながら給電も可能】
この種の製品で意外と多いのが、充電中は機器を接続しても給電しませんよと言う仕様。本製品はコンセントで充電中にスマホの充電器を接続してみましたが、本体へ充電しながらスマホへの充電もしっかりしてくれました。

この仕様を利用してパソコン等のUPS代わりに使う事もできそうです(250W以内であれば)

ただ、メーカーはこの「同時使用」は推奨しないと記載していますので自己責任で・・・と言う事になりますね。バッテリーには悪影響なんだそうです。

動画でもレビューしています!


【非常時にも活躍】
あまり活躍する時が来てほしくはありませんが、自然災害などで停電に陥った時などにも、これだけの容量があれば重宝しそうです。スマホくらいならご近所さんにも充電させてあげられるだけの容量がありますし、夜間になっても通電しないようなら、電気スタンドくらいつないでやり過ごす事もできますね。

【カー用品を自宅で】
付属のケーブルを使えば、シガーソケットから給電するタイプのカー用品を自宅の中で使用する事ができます。あまり使用頻度は高くないと思いますが、僕は車の中で使用するミニミニ冷蔵庫を自宅で使用してみましたw

【まとめ】
用途としてはアウトドアで電化製品を使用するか非常用に蓄電しておくかと言った感じでしょうか。どちらの用途にも使用する事ができると思いますが、本日現在の価格が24,880円もしますので、非常用目的だけで出費するには勇気が必要かもしれません。それでも、このくらい大容量になると価格は高くなってしまいますし、コスパが悪いと言うことはないと思います。
[ 2018年06月20日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

SONY製センサー搭載!リアカメラとセットで1万円以下は良いかも


皆様、GWはどのように過ごされたでしょうか。
今年は飛び石になっていたので、あまり長い休暇じゃなかったと言う方も多かったかもしれませんね。

GWは終わってしまいましたが、行楽シーズンはまだまだこれからです。

今日ご紹介するのは、そんな行楽シーズンに車でお出かけになる方の必需品、ドライブレコーダーです。



【リアカメラとセット】
価格的には1万円以下ですし、ドライブレコーダーとしては特別安い訳でもありませんが「高っ!」って言うような価格でもないですよね。
でも、本製品には通常のフロントを撮影するカメラに加えてリアビューも撮影できる小型カメラがセットになっていますのでお得です。

【固定は両面テープ】
これは人によって好みが分かれる所かもしれませんが、フロントウィンドウへ本製品を固定するには両面テープで張り付けてしまう必要があります。テープではなく吸盤式の製品もあるので、そちらの方が好きだと言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、フロントウィンドウにフィルムアンテナを貼っている方なんかだと、そもそも両面テープを貼りつけるのはマズいと思うので、本製品は回避した方が良いでしょう。

【キレイな画質】
1920×1080P フルHD/30fpsの映像はドライブレコーダーとして使用するには十分な画質だと思います。最近は4K画質で撮影できるドラレコなんてのもあるみたいですが、フルHDだって十分すぎるくらいだと思いますけどね~。

動画でもレビューしています!


【広角でしっかり撮影】
フロントカメラの画角は140°、リアカメラでも140°の広角で撮影してくれますので、画角が狭くて事故の瞬間が映ってない!と言う事にはなり難いんじゃないでしょうか。僕の車はHONDAのCR-Vと言うSUVで、普通車よりちょっと車高が高くて大きいのですが、それでもボンネット前はすべて画角内に収まりました。

【設置は簡単、ただしリアはちょっと・・・】
一般的に使用している人が多いフロント部分のドライブレコーダーは、任意の箇所に貼りつけて、シガーソケットにケーブルを挿して給電するだけなので設置は非常に簡単です。挿したケーブルが目立たないようにフロアマットの下に隠すとか、せいぜい、そのくらいしかやる事がありません。

ただし、リアはちょっと面倒。

リアカメラは小型で良いのですが、電源ケーブルは剥き出しになっていますので、多少、配線の知識が必要になりそうです。僕はキレイに配線する自身がないので、こういう時はいつも車に詳しい友人頼みですw

【まとめ】
フロントだけ撮影できれば良いと言う方は、本製品と同じくらいキレイな画質でも、もっと安価な価格設定の製品がありますので、そちらを検討した方がお得でしょう。本製品はSONY製のセンサーを使用していると言う安心感とリアカメラもセットになっていると言う部分だと思いますので、その両方が必要だと言う方にオススメです。

リアカメラは配線の知識のある方に接続をお願いできれば良いのですが、お店等に持ち込むと作業料金がかかる場合が多いと思うので、結局は高くついちゃいます。それならば最初からカー用品店で購入して取り付けまでお願いしちゃうと言うのも手かもしれません。
[ 2018年05月14日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。