自分のための商品レビュー~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
自分のための商品レビュー~気になるAmazonアイテム~ TOP  >  PC周辺機器
Since October 2015

ケーブルレスでデスクがスッキリ!Qtuo ワイヤレスキーボード&マウスセット





【ケーブルが無いって素敵】
ワイヤレスイヤホンにワイヤレス充電、ワイヤレステレビにワイヤレスマイクとワイヤレス製品も珍しくない時代ですが、パソコン作業などに使用するキーボードやマウスもワイヤレスだとデスクがスッキリしますよね。使用感は有線の製品とそう大きくかわらないので、デスク上をスッキリさせたい!と言う目的で使用する方が多いんじゃないでしょうか。

【レシーバーは一つだけ】
キーボードとマウスはパソコン本体と無線で接続しますので、この無線を受け取るレシーバーをパソコンのUSBポートに接続しておく必要があります。でも、最近はUSBポートに接続する機器も多いですし、出来ればあまりポートを塞ぎたくないところ。

本製品はキーボードとマウスが一つのレシーバーで接続されますので、USBポートは一つだけ空いていれば十分です。

【ロングバッテリーライフ】
本製品は単四電池をマウスに2本、キーボードに1本の計3本使用します。一定時間使用しないと自動的に休止状態になるシステムを搭載しているらしく、最大でキーボードが12ヶ月、マウスが18ヶ月もの長期間、電池交換なしで使用できると言うのがメーカー公称値です。

この辺は使い方にもよると思うので、最大値まで電池が持つと仮定するのは危険な気がしますが、経験上、この種の製品は頻繁に電池交換が必要になることはないとは思います。

動画でもレビューしています!


【タッチ感覚】
キーボードは浅めのキーで、ノートパソコンより若干深いかなぁと言う程度です。製品説明に「静音」と記載がありますが、実際に使用した感じでは同種の他者製品と大きな差は感じませんでした。感触としては比較的カッチリとしているなと言う印象です。

【とにかく簡単に使用開始できます】
僕もそうなのですが、あまりパソコンなどの機器に詳しくありません。「キーボードとマウスを無線化するって、便利そうだけど設定が面倒なんでしょう?」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、本製品はそういう心配は無用です。

マウスの中に先ほど言った「レシーバー」が収納されていますので、それをパソコンのUSBポートに挿す、後は数秒待てば接続が完了すると言うお手軽さが魅力です。

興味がある方は下記リンクから詳細を確認する事が出来ますので是非ご覧ください。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト
[ 2017年11月20日 17:00 ] カテゴリ:PC周辺機器 | TB(0) | CM(-)

安いのは大歓迎だけど、品質が最優先!KLEVV NEO misro SD card





【大切なデータを保存するものだから】
普段から動画を撮影したり、写真を撮ったりするのが趣味なのでSDカードやmicro-SDカードは身近な製品です。写真なんかが趣味じゃない方でも最近は何でもデジタルですし、1枚くらいはお持ちなんじゃないでしょうか。

普段から普通に使用するものだからこそ、出来るだけ安価に済ませたいと言う気持ちになりますが、大切なデータを保存するための機器ですから、品質が優れていると言うのが大前提ですよね。

【聞きなれないUHS-Ⅰって?】
SDカードにはCLASS2とかCLASS10とか記載がありますよね。本製品はCLASS10なのですが、これはカードの読み書きの速さを表していてCLASS10の場合、読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/秒と言うことだそうです。

で、カードには他にUHS-Ⅰと言う記載があって、何のこっちゃ?と思ったのですが、こちらも早さを表す表示だったんですね。

UHSはUltra High Speedの略だそうで、このUHSに対応している機器でUHSに対応しているカードを使用した時にどのくらいの速さで転送されるのかを表しているそうです。

本製品はその中のUHS-Ⅰと言う規格だよと言うことなんですね。UHS規格は全部で3段階あって、UHS-Ⅲが最速なんだそうですが、本日現在、一般的に普及しているのはUHS-Ⅰ製品の方が多いようです。

僕たちが使用する上ではUHS-Ⅰ規格で全く問題なさそうですが、4K画質なんかで動画を撮影したりするような場合にはUHS-Ⅲを準備した方が良いようです。

※意地悪な連写試験実施中!


【一眼レフで意地悪に連写試験】
せっかくなので本日ご紹介するKLEVV社製のmicro-SDカードをデジカメにセットして「普段こんな使い方しないだろう」と言うほどに意地悪な連写撮影をしてみましたが、書き込みが遅くてイライラするような場面はなかったです。別の一眼レフで動画も撮影してみましたが、こちらも書き込みに問題は一切起こらなかったですよ。

ちなみに使用したカメラは10年以上も前に購入した古い古い一眼レフでした。また、micro-SDカードをSDカードアダプタにセットして使用もしてみましたが、こちらも問題なく動作してくれました。

【能力には一切の問題がない】
もともと疑い深い性格なもので、色々と意地悪く使ってみたのですが今のところは全く実用上の問題を感じません。価格は本日時点で国内製品よりは若干割安で販売しているのも嬉しいですね。

後は耐久性と言うことになりますが、こればかりは長く使用してみないと何とも言えませんので、しばらく普通に使用してみた上で「あっ」と言う間に壊れるような事があれば、このページに容赦なく追記しますw


※本記事はメーカー様から商品のご提供をいただいて記載しております。メーカー様の公式ページもよろしければご参考ください。
[ 2017年11月16日 17:00 ] カテゴリ:PC周辺機器 | TB(0) | CM(-)

ホームシアター入門!初心者におすすめ お手軽なWIMIUS 小型 プロジェクター





【素敵なホームシアターライフを】
映画鑑賞がお好きだと言う方はたくさんいらっしゃると思うのですが、実際に映画館に足を運ぶとなると意外と面倒。面倒じゃないよと言う方でも、仕事や家事、育児に追われてなかなか映画館になんて行けないわと言う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな方はプロジェクターを使ったホームシアターで、仕事や家事、育児がひと段落した後の空いた時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【夜間、暗所専用機】
本製品は3000ルーメンの明るさと商品説明に記載がありますが、ルーメンと言う単位が今一つピンときませんね。実際に使用してみた感じでは、カーテンを閉め切っても昼間や電灯に照らされた部屋での使用は厳しいので、夜間や本当に真っ暗の暗所で使用する事を前提に考えた方が良さそうです。

【小型でも重さはそこそこ】
本製品は一般的にビジネスで使用するようなプロジェクターよりは小型に感じますが、やはり重さはそこそこあって、本体だけで2kg弱あります。天井から吊るすように設置したりする事も可能ですが、バッグに入れて持ち歩くようなモバイル性は期待しない方が良いですね。

動画でもレビューしてます!


【設置場所は事前に熟慮を】
実際にホームシアターとして使用する時に、自宅のどこに設置して、どの壁面(スクリーン)に映し出すのかは、本製品購入前にしっかり検討した方が良いと思います。と言うのも、本製品のような比較的安価な価格帯のプロジェクターには、縦方向の台形補正機能は搭載しているので、設置場所の高さは自由度が高いのですが、左右の台形補正機能を搭載していない事が多いので、必ず投射面の正面に設置する必要があります。

本製品も縦方向の台形補正機能はついているのですが、左右の補正は効きませんので、きちんと設置場所を決めてから購入しないと勿体ない買い物になってしまいます。

【幅広い機器に接続可能】
現在殆どのDVD再生機やパソコンに搭載しているHDMIケーブルは勿論、ちょっと古いパソコンやDVDプレイヤーに使用するVGAケーブルやAVケーブルにも対応していますので、お手持ちのパソコンやDVD再生器が少しくらい古くても、わざわざ買い替える必要なくホームシアター気分が味わえます。

【120インチ大画面での投射が出来る】
製品が推奨する最大画面サイズは120インチとなっています。ただし、このサイズで投射するには壁面(スクリーン)から3m程度の距離を確保する必要があるので、一般的な家庭だとなかなか難しいです。

僕の自室は8畳くらいなのですが、何とか80~100インチくらいのサイズでの投射は楽しめています。

ホームシアターに興味があるけれど、システムを揃えるとお高いんでしょう?と不安だった方、この機会にお安く試してみてはどうですか?

プロジェクターの詳細は下記リンクからどうぞ!

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年11月13日 17:00 ] カテゴリ:PC周辺機器 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
-ad-
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。