INDEX    RSS    ADMIN

ケーブルの抜き差し不要!VENSAN 超強力磁気充電ケーブル レビュー



【磁力で接着】
スマホやタブレットを充電する時にはプラグにケーブルを挿して、終わったら抜くと思うのですが、この一連の抜き差しが必要なくなるのが本製品です。

プラグの先端部分は挿しっぱなしで、充電が必要になったらケーブル部分を磁石でペタリとつけるだけ。このお手軽間はなかなか良いですね。

【プラグは3種】
プラグの先端部分のアタッチメントはiphone等に使用するLightning端子、micro-USB端子、それに最近増えてきたType-C形状の端子の三種が同梱しています。

この三種のアタッチメントに対して、接続するケーブルは1本しかないので、3種の製品を同時に充電する事はできませんが、それぞれにプラグを機器につけっぱなしにしておいて、必要な時にケーブルに接続して充電するような使い方ができます。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【耐久性】
肝心のケーブルは繊維質素材でコーティングされていて、なかなか耐久性は高そうに見えます。安っぽい皮膜丸出しの状態ではありませんので、それなりに高級感のある見た目と言っても良いんじゃないでしょうかね。

【LEDライト】
ケーブル先端部にはLEDライトがついていて、通電していると光る仕組みになっています。充電されているかどうかが一目で解りますので、USB側が抜けていて、充電しているつもりがされていなかった・・・なんて事にはなり難いですね。

【まとめ】
便利なのは、プラグ部分を機器に挿しっぱなしにしておけば、1本のケーブルを使いまわして充電できるので、いちいち充電のたびにケーブルを抜き差ししなくても良いところですね。この部分に魅力を感じるのであれば、ケーブルとしてもそうお高い価格帯でもないので購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト

価格以上の質感を達成!OJA アルミ合金フレーム ゲーミングキーボード レビュー



【打鍵感】
最近は浅めにキーが設置されている製品が多いように思いますが、ゲーミングキーボードだけあって、さすがにキーが深くなっています。浅いキーがお好みであれば本製品の購入は回避した方が良いでしょう。ただ、ゲーミングキーボードの場合はキーが深い製品が殆どだとは思います。

【デザイン】
ただの真っ黒い板が届いたと思いました。キーの部分には何の印刷もないので、本当にただの黒い板に見えるんですよね。電源を投入すると、その黒い板のキーの部分にLEDで文字が浮かび上がるといった感じです。

【打鍵音】
ゲーミングキーボードに静粛性を求める方はあまりいないとは思うのですが、本製品もゲーミングキーボードらしく派手な打鍵音は避けられません。このキーボードを使って職場で仕事をしたら迷惑になるかもしれないなと言うレベルの音がします。



【バックライト】
バックライトは9パターンの点灯モードの中からお好みで選択が可能です。また、選択する
パターン次第ではカラーを自由に選択する事が出来るものもあります。さらにLEDの明るさも強弱の調整が出来ますので、かなり自由度は高いんじゃないでしょうか。

もちろん、完全にOFF状態で使用する事も出来ますが、ブラインドタッチが出来る方はともかく、そうじゃない僕のような人間は、OFFにするとキーの文字が全然見えないので困ります。

【重さ】
一般的な事務作業で使用するようなキーボードと比較すると圧倒的な重さです。その分、激しい操作をしてもキーボードが動かずに安定するんだろうとは思います。滅多にいないと思いますが持ち歩くのはキツいのでやめた方が良いですねw

【まとめ】
アルミ製の本体は非常に質感が高く、もっと価格帯が下の製品とは明らかに違うと言うのは僕のような素人でもわかります。ゲーミングキーボードと銘打ってはいますが、2~3日、自宅での仕事に使用してみた感じでは、普通にテキスト作成に使用していても安定した操作感で悪くなかったです。

普段は自宅で薄型、小型のBluetoothキーボードを使用しているのですが、このキーボード一つで何だか部屋の印象が変わったので、もう少しこのまま使用してみようかなと思っています。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

自宅を映画館に!NexGadget ミニLEDプロジェクター GP80 レビュー



【画質】
画質は1080PフルHD 解像度:800×480と記載があります。と言っても僕のような素人には全くピンとこないんですが、少なくとも壁面から2m程度の距離に設置して80インチくらいの大きさで投射して映画鑑賞をした時には字幕までクリアに見えて不満はありませんでした。

【明るさ】
本製品の明るさは1800ルーメンです。と言ってもこれも僕程度の知識ではピンとこないのですが、上記の映画鑑賞の折に「暗いなぁ」とは一切思いませんでしたので満足はしています。同価格帯の製品は1200ルーメンとか1500ルーメンの品が多く、3000ルーメンとかなると価格帯も変わってくるようなので、おそらく1800ルーメンは悪いほうじゃないんだろうなと思います。

【操作性】
同梱されている説明書に日本語表記がないのはマイナス要素ですが、イラストを多用していますので基本的な操作は何となくそれで理解できます。本体上部に操作パネルがある他、リモコンも付属しているのですが、そちらの反応も問題ありませんでした。



【作動音】
プロジェクタは熱を持ってくると冷却ファンが全力で頑張りだすので、割と作動音が派手なものが多いと思うのですが、本製品は新しい冷却システムを採用したとかで、全く聞こえない訳じゃありませんが、比較的ファンの作動音が小さくて気になり難いと思います。

【台形補正】
縦方向に15°の台形補正機能がありますが、左右の補正は出来ませんので、投射面に対して正面に設置する必要があります。また高さも縦15°程度の補正では十分とは言えないので、購入前に「投射面のほぼ正面に設置する場所はあるか」を考えてからポチった方が良いと思います。

【スピーカー】
一応、本体にスピーカーも装備しているので本製品単体でホームシアター的な使い方も可能なのですが、正直なところ音質はショボいので出来れば外部スピーカーを準備した方が楽しめそうです。ヘッドフォン用の音声ジャックもありますので、映画鑑賞はヘッドフォンを使うと決めてしまうのもアリかもしれませんね。

【まとめ】
ホームシアター目的で古いプロジェクターを1台持っているのですが、それと比較するとボディ自体の大きさは半分程度しかありません。それでいて明るさも十分なのだから、やはり新しいものは良いんだなぁと思いますねw

作動音なんて、僕の持っている古い機種とでは勝負にならないくらい本製品の方が小さかったですよ。

※本記事はメーカー様より製品の提供を受けて記載しております。