INDEX    RSS    ADMIN

琥珀色のエールビールで至福のひと時!よなよなエール レビュー

【味】
本製品は一般的に見かけるラガービールではなく、エールビールと言う種類に属する製品です。日本ではラガービールが多いのですが、海外ではこのエールビールと言うのも比較的ポピュラーみたいですね。味はコクがあってホップの香りが鼻に抜ける感じでとてもおいしいですよ。

特長的なのは、ある程度温くなってしまっても、おいしく飲めると言う点です。したがって、普段飲みのビールはキンキンに冷やしてゴクゴクと飲むのに比べて、よなよなエールは、グラスに注いで、映画でも観ながら、ゆっくりと楽しむ・・・と言うのもアリなビールだと思います。

【お値段】
350㎜缶が24本入りの箱売りの場合で、税込だと6,000円以上するので、一般的に販売しているラガービールと比較すると割高です。僕の場合は普段飲みには厳しい価格ですねw
ちょっとゆっくりと飲みたい時とか、友人や親戚が集まるような場面など、特別な時にしか飲めませんw



【購入先】
運が良いと普通に近所のスーパーやコンビニで見かける事も時々ありますが、陳列棚で見かけない事も多いです。確実に購入するのであればネットが一番かなと思います。今日現在はAmazonでの扱いもありますし、公式通販サイトもあるので、そちらでも購入可能です。ネット環境がない方は電話での受付もしているみたいですよ。

【お得なお試しセット】
僕はこの[よなよなエール]を大変気に入っているのですが、同じメーカーさんから、他にも特徴的なビールがいくつか販売されています。本製品の他に、4種のビールが入った、お得なお試しセットが公式通販サイトから購入できますので、色々試したい方は購入してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】
色々書きましたが、僕は健康上の問題で、普段はビールはあまり飲めなくて、プリン体や糖質ゼロの品で日々我慢しています。それだけに、本製品のようなコクのある製品は旨く感じてしまうのかもしれません。

それでも、やっぱり、オススメできるビールの一つなので、お酒好きの方はぜひとも一度試してみて欲しいなと思います!

スポンサーサイト

久々のお酒レビュー!高砂酒造 国士無双 烈

もうすぐお正月ですね。

多くの皆さまは年末年始にお仕事がお休みになると思いますが、その期間、どのように過ごされていますか?

芸能人のように海外で過ごされるようなセレブは別として、自宅や故郷で過ごされる方がほとんどではないでしょうか。

んで、呑みますよね~、お酒w

今日は、お正月のお供として仲間に入れてあげて欲しいお酒のご紹介です。



お酒は割と色々な種類を飲むのですが、日本酒を飲む頻度はそれほど高くありません。
だから、そんなに詳しい訳じゃないのですが、実はこのお酒、僕の住む地方のお酒なんですよねw

本当はお正月用に購入したのですが、比較的安価なのもあって、多めに購入してすでに半分飲んでしまいました。

味はやや辛口でスッキリとしています。

日本酒ですから、アルコール度数はビール等に比べると当然高めで、お酒に弱い人は回避された方が良いのは当然として、僕が「スッキリ」と感じた部分を「物足りない」と感じる日本酒好きの方もいらっしゃるようなので、最初から一升瓶で購入しないで、小瓶で味見してから再購入をおすすめします。

雑味というか、余計な味があまりせず「あぁ、日本酒ってお米からできているんだなぁ」というのを感じることができるのも特長かなと思います。

SnapCrab_NoName_2016-12-25_16-45-58_No-00.png


今まで僕が呑んできた日本酒の中では飲みやすい方に入ると思うので、飲みすぎには注意しなきゃなとおもいつつ、ついつい手が出てしまいますw

酒の肴は何でもいけそうですが、やはり魚介が合うでしょうか。

燗も冷も常温もいけますが、個人的には冷やして飲むのが旨いなぁと思いましたよ。

北海道のお酒ですが、Amazonなんかでも簡単に購入できるので、気になる方は是非お試しくださいね!

ド定番!芋焼酎 黒霧島 レビュー

レビューとは言っても、ホントにたいした舌を持っていないものですから、薄っぺらな感想文になっちゃうと思うのですが、普段呑みの焼酎として、僕はいつもコレを飲んでいます。

霧島酒造 黒霧島 25度 1800ml


お値段も普段呑みとしては許せる範囲なので助かります。

基本的にはロックでそのままいただくのが好きですが、湯で割ると、芋らしさが際立つような気がして、それはそれで好きかもw

焼酎は何でも飲みますが、麦やそばはクセが好きになれなくて、敬遠がちです。この芋焼酎はむしろ芋らしさが良いですね。とは言っても、数ある芋焼酎の中ではクセの少ないほうではないかなと思うので、初心者でも楽しめるのではないでしょうか。

肴は肉、魚、こってり、さっぱり、いずれにも合うと思います。

難点は、その飲みやすさでしょうか。お手頃な価格も手伝って、ついつい、一杯、また一杯と飲みすぎてしまい、次の日の朝に後悔することもしばしばw

芋焼酎のド定番、黒霧島を(飲みすぎない程度の)晩酌にいかがでしょうか?


にほんブログ村 PC家電ブログへ