~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  music
Since October 2015

インテリアとしてもオシャレ!Divoom Tivoo Bluetoothスピーカー


色々なBluetoothスピーカーを試してきましたが、最近は価格も安く抑えつつ、それなりに満足できる音質の製品もたくさん販売されていてスゴいなぁと思います。

そんな中で自社のスピーカーに特徴を持たせるのは難しい事だろうと思うのですが、今日ご紹介する製品は文句なしで特徴的なスピーカーですよ。



【レトロなデザイン】
若い方はご存知ないでしょうが、昔はテレビにはガチャガチャ廻すダイヤルがついていて、チャンネルはコレを廻すことで替えていました。本製品はそんなレトロなテレビのようなデザインでインテリアとして活用しても面白そうです。

【画面も映る】
テレビのようなデザインは見た目だけではありません。テレビの画面部分には様々な絵柄を表示させる事が出来るようになっていますので、お好みで選択するよ良いかもしれません。

電池の消費がもったいないので、僕は表示させずに飾っていますが、それでもインテリアとして気に入っていますよ。

【音も意外と悪くない】
こうした製品はデザイン優先で、音質などの機能面では期待できないんだろうなと思っていたのですが、意外と言っては失礼ですが音質は思っていたほど悪くありません。

テレビの上部にスピーカー口があるのですが、低音も頑張っておりペラペラのシャカシャカした音ではありませんでしたね。

ただし、同価格帯のスピーカーと比較するとやや劣るのは仕方がないところでしょう。

動画でもレビューしています!


【バッテリーライフ】
電池は満充電の状態から6時間程度は持つと言うのがメーカー公称値です。それは良いのですが、満充電までに4時間~5時間も必要と言うのはちょっと不便なところ。僕がインテリアとして飾る時に画面を点灯させないのも満充電にするのが面倒くさいからなんですよねw

【カラバリは6色】
デザインが面白い製品だけにカラバリは重要。本製品は僕が購入した白の他に黒、緑、ピンク、青、赤の全6色のカラバリがありますので、ご自身のお部屋の雰囲気や他のインテリアとの組み合わせを考えて選択する事ができます。

【まとめ】
インテリア性は全く必要とせず、とにかく安価で少しでも音質の良いスピーカを探しているんだと言う方は本製品の購入は止めた方が良いでしょう。本製品はインテリアとしても秀逸なのに、音もそこそこ高音質と言うのが特長です。

面白いインテリアを探しているんだよ~と言う方には良い製品ではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2018年07月15日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(-)

入門機にいかがでしょう!Riodo完全ワイヤレスBluetoothイヤホン


ここ最近は完全ワイヤレスイヤホンが流行っているので、安価なものから高価なものまで、色々な種類があって迷いますよね。

既に完全ワイヤレスイヤホンをお持ちの方であれば、思い切って有名メーカーの高価な品を購入するのも良いですが、初めてだとそれも躊躇います。

最初は安価な製品で試してみたいところですが、かと言って、安かろう悪かろうでは困ります。流行りの製品だけに、色々なメーカーが販売しているので、正直そうした製品もありますもんね。

今日ご紹介するのは、そんな時に価格と音質のバランスが絶妙でオススメの製品ですよ。



【音質】
無音時には、ホワイトノイズが聞こえますが、音楽が始まったら全く気にならないレベルです。Bluetooth接続は良好で、僕の使用環境下では途切れたりする事は一度もありませんでした。比較的クリアで低音も十分に出ていますので音楽鑑賞にも十分使えると思います。

【装着感】
イヤーピースはサイズ別の他にイヤーフックの有無別に複数用意されていますので、その中から選択する事になります。スポーツしながら使用するのであればイヤーフック付のものじゃないと脱落の不安があるかもしれません。

【バッテリーライフ】
満充電まで1~2時間が必要で、そこからの連続再生が4時間と言うのがメーカー公称値です。同種の製品の中には同じ程度の充電時間で連続再生が6時間と言うような製品もありますので、バッテリーライフの面ではやや不足感がありますね。

とは言え、4時間使用できれば通勤通学等、大抵の場面で困る事はないかなとは思いますし、収納ケースに収めると充電できる仕様になっていて、このケースがイヤホンを3回程度満充電に出来るだけの容量があります。

動画でもレビューしています!


【防水性】
本製品はIPX5相当の防水性があります。IPX5は「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されていますので、例えばスポーツ時の汗くらいであれば故障の原因にはならないと思って良いんじゃないでしょうか。

【収納ケース】
収納ケースには前述の通り、イヤホンのモバイルバッテリーとしての機能があるのですが、このケース自体にもON、OFFのスイッチがついていますので、充電しない時には単なるケースとして使用する事も出来ます。ケースは艶消しブラックでチープの印象を受けませんが、僕のところに届いた製品は、フタの部分が傷だらけで商品管理については褒められないなと思いました。

【まとめ】
予算が潤沢にあって、高音質な製品をお探しの方は本製品は購入しないと思います。ただ、完全ワイヤレスイヤホンが初めてで、使ってみないと便利に使いこなせるのかどうかわからないと言う方もいらっしゃるでしょう。本製品はそのような方にはオススメですよ。
[ 2018年06月26日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(-)

柔らかいネックバンド式Bluetooth イヤホン!Jayol X13




【音質】
音質は意識的に低音部分を強く聴かせているといった印象を受けました。僕のような低音が強めの音が好きな人には良さそうです。柔らかめな音ですが、変に音がこもっていると言うこともありませんでしたので日常使いには十分な音質ではないでしょうか。

【装着感】
最近は完全ワイヤレスのイヤホンが流行っているようなので、そんな中、ネックバンド式のイヤホンには目が行きにくいかもしれませんが、完全ワイヤレスとは違って脱落の心配なく使えるのは良いところだと思います。ハウジング部分は普通のカナル型イヤホンとかわりないので、耳に装着した感触も大差ないのですが、左右のハウジング部分が磁石でくっつく事により一時的に音楽を聴かない場面などでネックレス状に首にかけておくことも出来ます。

【バッテリーライフ】
本製品は1.5時間程度の充電で満充電になり、その状態から10時間ほどの連続再生が可能です。片道1時間の通勤、通学で使用しても5日間は充電せずに使える計算になりますので、充分なバッテリーライフなんじゃないでしょうか。

動画でもレビューしています!


【防水性】
IPX5の防水能力を謳っていますので、雨や汗、多少の水しぶきを浴びるくらいであれば故障の心配はないようです。ただし、水没はNGのようなでプールやお風呂などでの使用は出来ないですね。運動しながら使用して、汗で濡れてしまう・・・くらいは大丈夫じゃないでしょうか。

【まとめ】
完全ワイヤレスイヤホンが流行っていて、僕もいくつか持っているのですが、最近はBluetooth接続であっても音の劣化は殆ど感じませんし、すごい時代になりました。このイヤホンもBluetooth接続による音の劣化は全然感じませんでした。音質的にはそう問題ないと思いますので、後はデザインやネックバンド式が好きか嫌いかといったところが購入する時の決めてでしょうかね。
[ 2018年06月18日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。