INDEX    RSS    ADMIN

Bluetooth接続も可能なのに、何とレコードも聴けちゃうミュージックプレイヤー ION Audio レトロ調 ミュジックプレーヤー

割とレトロなデザインの品が好きです。

ただ、根っからの面倒くさがりなもので、レトロなビジュアルでもレトロな使用感は好みませんw

今日ご紹介するのは、そんな方でも満足できる、レトロデザインでありながらBluetooth接続も可能なミュージックプレイヤーのご紹介です。



【デザイン】
何と言っても、このレトロなデザインが特長です。もうこの見た目がダメだと言う方は、早々に他を検討した方が良いと思います。価格的にも違ったデザインのミュージックプレイヤーは購入できそうですしね。逆にこのデザインが気に入った方は音質だの何だのは置いておいて、とにかく検討の余地ありですよ。

【多彩なメディアに対応】
次の特徴が、とても多彩なメディアに対応している点です。CDは当然として、USBメモリに保存した音楽やカセットテープにまで対応し、ラジオを聴く事も可能です。と、ここまでは今までにも同じような機能の製品を見たことはあるのですが、本製品は何とレコードまで聴く事ができちゃいます。最近はレコードで音楽を聴くような場面はそうそうないと思いますが、専門店にはレコードも置いているところがありますよね。

【デジタル化】
カセットテープやレコードの音楽は味があって良いかもしれませんが、劣化が心配です。気に入って何度も聴けば聞くほど劣化してしまって、最終的には聴けなくなってしまう事もありますね。本製品は、そんなテープなどのアナログ音声をUSBメモリ内にデジタル音源として保存する事が可能です。

SnapCrab_NoName_2017-4-22_11-48-36_No-00.jpg

レコードやカセットテープはアイテムとして保管しておいて、普段音楽を聴く時にはデジタル音源を使用すると、劣化を遅らせることが出来ますよ。

【外部接続】
本製品にはAUX入力端子も装備していますので、外部機器のスピーカーとして使用する事も可能です。例えば音のチープなプロジェクター等に接続すれば、プロジェクターをホームシアターとして使用する場面で高音質に楽しめたりします。

【まとめ】
正直なところ、音質はめちゃくちゃ高音質と言う訳ではないと思います。でも、もちろん音楽を聴くのに支障はないですし、音質よりもデザインを優先できる方にはおすすめ出来る製品です。使用頻度は高くない方でも居間に置いておくとオシャレかもしれないですよね。
スポンサーサイト

iQOSヒートスティックが勿体ないので再利用してみました!

遅ればせながら、巷で人気のiQOSを入手しました。

何だか充電機能が強化された新型が出るとか出ないとか言う噂も耳にしたのですが、それまで我慢できなかったんですよねw



【喫味】
プルームテックも所有していて、楽しませてもらっていますが、タバコとしての満足感と言うか、喉に受けるキック感はiQOSの方が上だなと感じました。ネット上では「ポップコーン」とか「焼き芋」とか言われている匂いについては、本当にその通りで、なんだか若干香ばしいような匂いは辺りに漂いますね。

【使いやすさ】
アイコスはヒートスティックと言う専用タバコを挿入するホルダー部分と、そのホルダーを充電するためのケースであるiQOSポケットチャージャーで構成されています。プルームテックも一体的に持ち歩けるケースはついていますが充電機能はついていませんので、その分iQOSの方が使いやすいのかなと思いました。ただし両者には価格差もありますので、そう単純に比較できるものでもないかもしれません。

【連続吸いが出来ない】
休憩時間等に、いわゆる「吸い溜め」のような形で、タバコを2本、3本と連続で吸われる方もいらっしゃると思いますが、本製品は1本吸う毎に専用ケースを使って充電が必要なので、そのような吸い方は出来ません。ただし、充電は5~6分程度で完了しますので、その程度の間隔が苦にならないようであれば問題ないですね。



【掃除が必要】
プルームテックは、非常に単純な作りになっていて、掃除らしい掃除はいらないのですが、本製品は専用のブラシも同梱していて、おおよそ20本ごとに本体を掃除するように推奨されています。掃除といっても簡単なので、そんなに面倒ではないのですが、ヘビースモーカーの方だと、頻繁に掃除が必要になるかもしれません。

【ヒートスティックがもったいない】
iQOS本体は非常に品薄になっていて入手が困難なのですが、iQOS用のタバコである「ヒートスティック」はコンビニ等でも普通に販売していますので入手は簡単です。ですが、このヒートスティック、iQOS的に1回吸い終わっても先端部が少し湿っている程度で「まだ吸えるんじゃない?」って気がしてなりません。そこで、貧乏性の私としては、このヒートスティックが再利用できないか考えてみました。

ちなみに普通に火もつけてみたのですが、完全にタバコの臭いが部屋に充満しますので、iQOSを購入したメリットがなくなってしまいましたw

【ヒートスティックを電子パイポで吸う】
再利用と言っても、使用後のヒートスティックを他の機器の吸い口と取り換えただけですw
僕の場合はプルームテックのタバコカプセルを購入した時についてくる蓋にハサミを入れて吸い口を自作しましたが、同じようなサイズのものであれば何でも良いとは思います。

詳細は動画の方が分かり易いと思いますので、よろしければご覧ください。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【まとめ】
正直言って、普通のタバコを止めてiQOSに移行しても、経済的にはちっとも節約にはなりません。それどころか本体購入分の初期費用がかかる上、紙巻のタバコより満足感が低いために、どうしても喫煙本数が増えてしまいますので、iQOSにした方がお金がかかるくらいです。

しかし、聞くところによると普通の紙巻タバコに含まれる有害物質を90%もカットしてくれると言う話ですし、匂いが残らない分、周囲に与える迷惑はiQOSの方が圧倒的に小さいです。

健康と周囲への迷惑の部分で10,000円分くらいの価値があるなと考えられるのであれば、購入しても後悔する事はないと思います。

↓本日現在、ネット販売では、ここが一番安値で販売していると思います。